酸素カプセルは有酸素運動と同じ効果が得られるって本当?

有酸素運動は健康増進のためやダイエットのために行っているという人が非常に多いものです。それだけ健康への影響が大きいものではありますが、継続する意志と体力がなければなかなか難しいものでもあります。そんな運動で感じることが出来る効果を、カプセルに入るだけで得られるということです。

 

どのような効果があるのか、本当に同じような影響を与えるのかについてお教えいたします。運動は得意ではない、あまり身体は動かしたくないけれども健康になりたいという方はチェックしてみてください。

 

有酸素運動とは

それではまず有酸素運動とは何かについてご説明いたします。これは酸素を通常の状態よりも多く身体の中に取り込みながら身体を動かすものです。激しく呼吸をするのではなく普段の生活よりも弾む感じでありながら深い呼吸をしますので、より多くの酸素を取り込むことが出来ます。

 

例として挙げられるのはジョギングやウォーキング、エアロビクスなどで、筋肉への負荷があまりかからない運動のことです。低い負荷が継続して身体にかかり続けることによって取り込んだ酸素を使用して脂肪や糖質を燃焼してエネルギーを作ることが出来ます。

 

疲れが溜まることがなくまた運動をしている中で徐々に自分の身体の中の体脂肪がエネルギー源となっていきますので長く継続して行うことが出来ます。負荷があまりかからないので、体力に自信の無い方やお年寄りなど誰にでも簡単に出来る運動であるということが大きな特徴です。

 

同じ内容の運動をしていても激しく身体を動かしてしまった場合には無酸素運動になってしまいますので、そうならないように呼吸をすることをしっかりと意識して行うようにしましょう。

 

有酸素運動による効果

健康に良いとされている有酸素運動ですが、具体的にはどのような効果があるものなのでしょうか?まずは体脂肪を燃焼させることが出来るということです。運動し始めて20分程度経つと身体の中にある脂肪がエネルギー源となります。そのため効果的に体脂肪を燃焼させることが出来るのです。ダイエット効果はもちろん、生活習慣病の予防にもなります。

 

次に心肺機能を高めることが出来ます。軽い動作を繰り返して血流を促進することにより、心臓の筋肉が鍛えられて酸素を取り込む量を増やすことが出来るようになります。そのためあまり激しい運動をしなくても十分な量の酸素を取り込むことが出来るようになります。さらに血行がよくなります。血液の中にある脂肪を消費して代謝を維持することで血がとてもきれいになります。

 

そうすることで血行が良くなり、身体中の隅々にまで栄養や酸素を運ぶことが出来るようになります。血行が良くなれば体温も上がりますので新陳代謝の向上に繋がります。その他にも血糖値を下げることが出来たり、足腰の筋肉が強くなったり、ストレスの解消になったりと非常に多くの効果が期待出来るのが有酸素運動なのです。

 

酸素カプセルでも同じ効果がある

有酸素運動の効果を出すためには最低でも20分以上継続して行わなければなりません。負荷の低い運動であるとはいってもあまり運動が好きではない方や運動をする習慣のない方にとっては簡単なことではないかもしれません。

 

しかし酸素カプセルを利用することによって有酸素運動と同じ効果を得ることが出来ると言われています。酸素カプセルに入ると、細胞内のミトコンドリアが酸素と酵素の働きによって脂肪を燃焼する酵素であるリパーゼを活性化させて蓄えられた脂肪を使って代謝機能を維持します。これが有酸素運動と同じ仕組みなのです。

 

一度利用すれば72時間の間は効果を持続させることが出来るというのも大きな魅力です。継続して利用をしていけば新陳代謝を上げることができ、体質を根本的に変えることも出来るのです。

 

まとめ

酸素カプセルを利用すると、身体の中の体脂肪を燃焼させてエネルギーに変えるという有酸素運動を同様の効果を得ることが出来ます。有酸素運動の場合には最低でも20分以上は継続して運動を行うことによって初めて意味があるものです。そのため運動が苦手な方や怪我をしている方、お年寄りなどはいくら負荷のあまりかからない運動であるとはいっても、行うこと自体が負担になってしまうことがあります。

 

ですが酸素カプセルであればカプセル内に入りさえすれば、運動をすることなく身体に良い影響を与えることが出来るのです。体脂肪の燃焼や血行の促進、その他にも非常に多くのメリットがあるものですので興味のある方はお試しになってみてはいかがでしょうか?