酸素カプセルを自宅に設置するのにかかるコストとは

多くの人は酸素カプセルを利用する際にはサロンや病院などに行って利用することになるかと思います。ですが頻繁に利用する方や、家に十分なスペースがある方は自宅に設置することも可能です。

 

ではその際にはどれくらいの費用がかかるものなのでしょうか?カプセル本体の費用以外にも必要となるコストにはどのようなものがあるのかについてまとめています。設置を検討されているのであれば必見です。

 

酸素カプセル本体の価格

酸素カプセルを自分の好きな時に自由に利用したいと思い、自宅に設置したいと考えた時まず気になるのがどれくらいの費用がかかるのかということです。一番初めに考えられるのが酸素カプセル本体の価格でしょう。本体価格については新品で購入するのか中古のものを購入するのかによってまず大きく変わってきます。

 

価格自体は100万円から500万高いものから手頃なものまで様々ですので、自分のニーズと価格とのバランスの良いものを選択して購入すると良いです。

 

機能や効果もそれぞれ違っていますので、まずはきちんと効果の出るものなのかそして冷却機能や空調などれどれくらいのレベルのものが良いのか、カプセル内の広さや寝心地はどれくらい求めるのかということを考えます。もちろん効果の高く、様々な機能のあるもの、快適なものというのはその分価格が高くなります。予算と相談して決めるようにしましょう。

 

利用するための電気代

サロンや病院で利用するのであれば気になることではありませんが、家庭で利用するとなると気になるのは電気代です。酸素カプセルは本体を購入すればそれで終わりではありません。利用するためにはその度に電気代がかかるのだということを忘れてはいけません。

 

家庭用の酸素カプセルは基本的に1時間あたり500Wから600W程の電力がかかります。地域や利用している電力会社によっても変わってきますが、1時間あたりで考えると15円程度となります。15円と聞くと気にするほどの出費ではないと思われるかもしれませんが、それを週に何回も利用するとなると年間で考えた時に大きなコストとなります。

 

最新の機器は省電力のタイプのものも出てきていますので週に何度も利用したいという方は初めには大きなコストがかかりますが、長い目で見た時には省電力タイプのものを利用した方がお得になる場合もありますのできちんと比較して検討することをおすすめします。

 

メンテナンスコストも考えよう

酸素カプセルが設置してあるサロンや病院に行って利用する場合には、メンテナンスについては考える必要もありませんので忘れがちではありますが、家庭に導入して利用するのであればメンテナンスにかかるコストについても忘れずに考えておかなければなりません。使用していればもちろん汚れてきますし、埃が溜まってきたりもします。

 

そういったものを掃除せずにお手入れしない状態が続いてしまうと故障の原因となってしまいます。またカプセル内は何もしないでおくと匂いが気になるようになってきます。きちんとそういった面もケアしていかなければなりませんのでもちろん費用もかかってきます。

 

さらに万が一故障した際にはメーカーに依頼して修理をしてもらわなければなりません。保証期間などを設けているところもありますので購入の際には故障した際にどれ位の費用がかかるのか、保証はいつまで効くのかといったところまで確認しておくと安心です。

 

まとめ

酸素カプセルの効果というのはある程度継続的に利用することによって、より高い効果を実感出来るようになるものです。そのため週に何回も利用する方も多いです。そうするとサロンや病院で利用するには時間や費用の負担が大きくなりますので、いっそ自宅に設置したいと思われる方もいます。

 

十分なスペースさえあれば好きな時に好きなように利用することが出来るのでとても便利なものですが、サロンなどでは気にすることがないコストについてきちんと考える必要があります。

 

カプセル本体の価格はもちろん電気代やメンテナンスコストなどのランニングコストについてもしっかりと比較検討して選ばないとせっかく導入しても費用の負担が大きくて困ってしまうということになってしまいます。