飲酒をする際の酸素カプセルの影響

酸素カプセルに入ると酸素を十分に取り込み、血流がよくなります。それによってお酒を飲む前や後に利用するといくつかの影響が出てきます。では飲酒と酸素カプセルの利用にはどのような関係があり、どのような影響が出てくるのでしょうか?そこからお酒を飲む前と後どちらに入る方がより身体に良いのかという点についても考えていきます。よくお酒を飲まれる方は必ず読んでおくことをおすすめします。

 

お酒のまわりが早くなる!?

酸素カプセルを利用してからお酒を飲むと身体にどのような影響が出てくるのでしょうか?実際に利用した人の中には普段よりもお酒のまわりが早くなって酔いやすくなったと感じる方がいるようです。酸素カプセルに入ると高濃度の酸素を沢山取り込んで、身体の隅々にまで酸素が行き渡ります。すると血管の中を綺麗にして酸素や栄養素を運ぶことが出来るようになるために全身の血行が良くなります。

 

血行が良くなると体内に入ったアルコールがまわりやすくなりますので、普段よりも酔いやすくなります。これはアルコールを摂取した後にお風呂に入った際と同じ仕組みになります。しかしこれはあくまでも個人差のあるものであり、お酒を飲んでも普段と何も変わらなかったという方も多くいますので、自己責任で利用するようにしましょう。

 

二日酔いの防止になる

酸素カプセルとお酒を飲むことの関係として注目されているのが、二日酔いの防止に繋がるということです。二日酔いの最も大きな原因となっているのはアセトアルデヒドという物質です。アセトアルデヒドは酸素を利用して炭酸ガスと水に分解されるものですが、アルコールの量が多くなると体内の分解速度が下がり、分解されるべき物質が体内に留まることになります。それによって頭痛や吐き気を引き起こします。

 

分解するためには酸素を使いますので、多くのアルコールを飲んだ場合にはその分多くの酸素が必要になります。酸素カプセルを利用して酸素を体内に十分に取り込んでおけば、分解のための酸素が足りている状態になりますのできちんと処理することが出来て二日酔いの症状を防止することが出来るのです。

 

飲酒前と後のどちらに利用すべきか

ではお酒を飲む前と後のどちらに酸素カプセルを利用するのがより良いのでしょうか?二日酔いを防止したいというのであればお酒を飲むことが分かっていればその前に利用しておくことおすすめします。二日酔いの症状が出てしまってから利用しても、その症状を緩和させることは出来ますがそもそも頭痛や吐き気などの辛さは出来れば味わいたくありませんよね。

 

飲酒前に体内に十分な量の酸素を取り入れておけば、たとえアセトアルデヒドを分解するために多量の酸素が使われてしまったとしても足りなくなるということはありません。もちろん取り入れた酸素の量でも分解しきれないような量のお酒を飲んでしまえば症状は出てしまいますが、それでも何もしないよりは良いです。

 

二日酔いを防ぎながらお酒を楽しみたいという方は、ぜひお酒を飲む前に酸素カプセルを利用してみてはいかがでしょうか?

 

 

まとめ

酸素カプセルが飲酒に与える影響としてまず挙げられるのは、血行がよくなることによってアルコールがまわりやすくなり普段よりも酔いやすくなるということです。これには個人差がありますが、普段と同じように飲んでいると危険な状態になることもありますので注意が必要です。もう一つの影響として二日酔いを防止することが出来るということがあります。

 

二日酔いの原因となる物質であるアセトアルデヒドを分解してきちんと処理するために必要となる酸素を十分に取り入れておくことで、頭痛や吐き気などの症状が出ないようにしてくれます。二日酔いの心配をすることなくお酒を楽しみながら飲みたいという方は、ぜひお酒を飲む前に酸素カプセルを利用することをおすすめします。