酸素カプセルを快適に利用するための耳抜きのやり方

酸素カプセルを利用したことがある方や、利用しようとしたことがある方であれば必ず知っていることかと思いますが酸素カプセルを利用するにあたっては耳抜きを行うことが必ず必要になってきます。もし行わないと身体に良くない影響が出たり、痛みを感じたりすることもあります。

 

ではそもそもどのようなもので、なぜ行わなければいけないのかそして上手く行うためにはどのようなやり方をすれば良いのかということについてまとめていきます。これからカプセルを利用することを検討しているという方は必見です。

 

耳抜きとは

まずそもそも耳抜きとはどのようなものなのでしょうか?ダイビングをする方にはよく知られているものですが、水深の深いところに潜ったり、飛行機に乗ったり、エレベーターに乗ったりすると耳が詰まったような感覚になったり痛みを感じたりしたことがあるのではないでしょうか?これは急激な気圧の変化が原因となっています。通常は鼓膜の中の圧力と外側の圧力というのは等しい状態にあります。

 

しかし気圧が原価して外側の力が大きくなると2つの力のバランスが崩れて鼓膜が内側に押されるようになり痛みや詰まったような感覚を感じるのです。これを解消するための方法が耳抜きで、鼓膜の中に大きくなった外側からの圧力と同じ力が内側からかかるように空気を利用して鼓膜を元に戻すことを言います。

 

なぜ耳抜きが必要なのか

では酸素カプセルを利用する上ではなぜ耳抜きを行うことが必要となってくるのでしょうか?酸素カプセルでは身体の中に酸素を多く取り込むことが目的となりますので、血液の圧を上げて取り込みやすい状況と作るためにカプセルの中の気圧を上げていきます。その気圧の急激な変化によって鼓膜が内側に押されて痛みや詰まったような感覚を感じてしまうのです。

 

これはダイビングをした時や飛行機に乗った時と同じ状況になりますので、耳抜きをして鼓膜の位置を戻してあげる必要があります。もし行わないと痛みを感じるだけでなく。外側からかかる強い圧力によって鼓膜自体が傷ついてしまう危険性もあります。風邪をひいていて鼻が詰まっていたり、アレルギー鼻炎であったりすると上手く出来ないことが多いので、利用をおすすめされないのはこのためです。

 

上手く出来ない方は低めの気圧から始めたり、圧力をかけるスピードをゆっくりにしたりすることで調整することも可能ですので無理をせずに耳の様子を見ながら利用するようにしましょう。

 

上手く耳抜きをする方法

酸素カプセルを利用したいけれどもなかなか耳抜きが上手く出来ないという方も多いです。ではどのようなやり方をすれば上手く行うことが出来るのでしょうか?

 

基本的な方法としては少し息を吸ったら漏れないように口を閉じて鼻を手でつまみ、鼻から息を吐き出します。コツとしては息が漏れないように目も閉じること、一度にあろうとするのではなく何回もに分けて徐々に行うこと、あまり緊張せずにリラックスをして行うことです。

 

もし上手くいかない場合には、口を大きく開けて顎を動かしてみたり、あくびをしたり、水を飲むのも効果的です。また飴を舐めて唾をだし、それを飲み込むことで解消できることもあります。

 

まとめ

酸素を多く身体の中に取り込むためには気圧を上げていくことが必要になりますので、酸素カプセルを利用するためには耳抜きをすることが必ず必要になります。もし行わないと痛みや不快感を感じてリラックスすることは出来ませんし、最悪の場合には鼓膜を傷つけてしまうこともあります。

 

耳抜きは難しい方法ではありませんが、緊張してしまったり無理に行うと筋肉がこわばって余計に上手くいきません。落ち着いて徐々に行うようにしましょう。それでも難しい場合には水を飲んだり、飴を舐めて唾を飲み込んだりすることで自然に鼓膜への圧力を解消することも出来ますのでやってみてください。