家庭用の酸素カプセルならレンタルがおすすめ

高濃度の酸素を効率よく体に取り入れることができる酸素カプセルが、日本で普及してずいぶん経ちました。これに伴い、酸素カプセルを常時設置して利用できる施設も多く見られるようになってきましたが、その施設に定期的に通うのも大変という方もおられるのではないでしょうか。施設に置いてあるような規模の大きなものでなく、家庭用にコンパクトになった酸素カプセルをレンタルしてご自宅でレンタルして使ってみてはいかがでしょうか?

酸素カプセルを家庭で使う場合の主な用途

一度カプセルに入ると効能は72時間継続するので、週に2度入るとその効果が続いていく計算になります。ただ、この効果にも個人差があり、続けていくことで体の変化を実感することができると言えます。この血中酸素濃度の高い状態は集中力を高め、疲労の回復を助けます。勉強や部活動など集中を必要とする子どもの年代から、疲れの溜まりやすい大人、そして加齢により呼吸器官が弱くなってくる年代の方まで幅広く使えます。

酸素カプセルを購入すると高い

私たちの体にあらゆる方面から健康をもたらしてくれる酸素カプセルですが、いざ購入しようとするとどのくらいのお金がかかるのでしょうか。モデルの新しさや気圧量にもよりますので、20万~400万円と大きく幅があります。維持費は電気代だけなら1時間約5円程度なのであまり大きな痛手ではないと言えますが、こちらも置く機械によって差があり、大きなタイプで冷暖房を完備しているものだと、その費用も計算に入れなくてはいけません。

家庭用酸素カプセルをレンタルしてくれる業者

神奈川県川崎市に本社を置く「UNICOM(株式会社ユニコム)」は、酸素関連商品を主に取り扱っている会社です。こちらで家庭用にレンタルしているのは「オキシシャトルスポーツ SP-740」のタイプです。エアーのみで圧力を1.3気圧に調整、酸素濃度は25パーセントに保たれます。パッキンを使わないファスナー開閉タイプですが、密封度は高いです。大きさは全長2200mm、重量はカプセルとフレームを併せて12㎏です。最初の1か月は初期費用10000円を含んだ45000円、2か月目以降はひと月35000円がレンタル料となります。

愛知県名古屋市に本社を置く「ノースパラマ株式会社」は高度医療機器の販売・レンタル業などを行う会社です。こちらで取り扱う酸素カプセルは「ハイパーダイブ」で、どの種類を選んでも一人で操作することができ、出入りも簡単にできることが特徴。軍隊で利用しているほどの強い素材なのに採光性もあり、従来のものに比べる閉塞感が格段に減っています。中で座れるタイプと寝て過ごすタイプに分かれており、気圧も1.25、1.3、1.5気圧3種類あります。

一般的な家庭で利用する場合に適している1.3気圧型の寝て過ごすタイプ、「ハーパーダイブマーメイド2」だと全長225cm、重さが19キロの仕様になっています。レンタル価格は10日間で39000円、1か月72000円と長期になれば割安になる仕組みです。別途搬入設置費用が必要ですが、設置のほかに仕組みや使い方を丁寧に説明してくれるサービスも含まれています。

まとめ

老若男女問わず使える酸素カプセルも、自宅にあればさらに便利ですが、購入となると高額になり気が引けてしまうのも事実です。レンタルだと、初期投資も抑えられ、万が一使用を継続しないという判断になっても引き取ってもらうことも可能です、不安なメンテナンスなどのアフターフォローも質問できるとくれば安心ですね。一人で定期的にどこかへ通わなくとも、自宅で好きな時間に健康管理ができる家庭用レンタル酸素カプセルを、ご家族皆さんで共有して日々の生活をより気持ちよく過ごしてみてはいかがでしょうか。