酸素カプセルの睡眠効果とは?

睡眠というのは、人間にとって決して欠かすことの出来ない非常に大切なものです。しかし現代社会で忙しく生きている私達の多くは、十分に寝ることが出来ているとは言えません。そこで酸素カプセルの中で眠ることによってどのような良い効果があるのか、そもそも眠るということはどれだけ大切なことなのかについてまとめています。最近あまり眠れていないと感じている方はぜひチェックしてみてください。

睡眠不足によるデメリット

まずきちんと眠ることが出来ない状態だとどのようなデメリットがあるのかについてご紹介いたします。まずは記憶力の低下です。眠る時間が短くなると記憶を整理する力が弱まり、記憶力がどんどん低下していきます。そして十分に眠らないと食欲を抑えるためのレプチンというホルモンの分泌が減ってしまい、その分食欲を増進するグレリンというホルモンの分泌量が増えてしまいます。これによってどんどん食べる量が増えていってしまいますので太りやすくなります。

さらに、深い眠りにつくことで分泌されるアンチエイジング効果のある成長ホルモンが分泌されないために、老化が進んでしまいます。この成長ホルモンは免疫力の向上にも繋がりますので、これが分泌されないと免疫力が下がってしまい病気になりやすくなってしまうというデメリットもあります。その他にも気分が落ち込みやすくなったりイライラしたり、といった精神的な部分への良くない影響も及ぼします。

このように、睡眠が不足することによって体に及ぼされる悪影響は非常に多岐に渡ります。たかが睡眠と考えず、きちんとした深い眠りを十分な時間確保出来るようにすることが重要です。

酸素カプセルの中で睡眠することによる効果

では酸素カプセルの中で眠りにつくことによって、どのような良い効果が得られるのでしょうか?カプセルの中では1時間眠りにつくだけで、通常の環境下で4~5時間眠るのと同じ効果を得られると言われています。質の良い睡眠をとるためには身体の中や脳に十分な酸素を行き渡らせる必要があります。脳に酸素が行き渡ると、脳の中に張り巡らされている毛細血管に十分に栄養を届けることが出来るようになります。それによって毎日の生活の中で感じているストレスや、積み重なってしまった寝不足からくる自律神経の乱れを整えて、身体をリラックスさせることが出来ます。

そういった状態で眠るということは、本当の意味でぐっすりと深い眠りである質の良い睡眠をすることが出来ますので身体も脳もしっかりと休めて本来の機能を取り戻すことが出来るのです。

どのくらい酸素カプセルで睡眠取れば良いのか?

酸素カプセル内でどれだけの睡眠をとると、より高い効果を得られるのでしょうか?カプセルの中で1時間眠ると、普段眠っている4~5時間分の効果が得られると言われています。どれくらいの時間が必要かというのは、その人の疲労具合や普段どれくらいきちんと眠ることが出来ているかによって変わってきますが、カプセルに入って40分を過ぎてから酸素の酸素は身体の中に蓄積されていくと言われていますので最低でも1時間は眠ることが出来るようにすると良いでしょう。

しかし普段本当に眠る時間が取れていないという方や、眠ってはいても深い眠りにつけていないという自覚のある方は1時間では日頃の睡眠不足を解消するには時間が短すぎますので、もう少し時間を延ばして利用することをおすすめします。

まとめ

毎日忙しく日々を生きている現代社会の私達にとって、身体や脳が本来必要としている十分な睡眠をとるということはとても難しいことです。ですが、眠る時間が不足したり、浅い眠りにしかつけない状態でいると身体にも心にも良くない影響を様々な面で及ぼしてしまいます。そんな時に、短時間で質の良い眠りにつくことが出来る酸素カプセルを利用するということは非常に効果的な方法です。

必要な時間もそんなに長い時間ではありませんし、ただカプセルの中に入っていれば良いだけですので年齢や性別、体力などを問わずに誰でも利用することが出来ます。睡眠不足を自覚しているのであれば、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。