うつ病に対して酸素カプセルは効果があるのか?検証してみました

現代人を悩ます病気であるうつ病は、近年認知度も高くなり、自身で症状を自覚できる人も増えてきました。体調不良から気分が落ちていくことも多く、大半の人は体調が回復すれば精神面も回復していきます。しかし、稀に自然に回復しないケースがあり、その場合はどのような対処をすれば効果があるのでしょうか?ストレスに効果があるとされる酸素カプセルはうつ病にも効果はあるのでしょうか?うつ病の詳細と他の対処法も交えながら検証していきます。

うつ病とは

うつ病とは精神が憂鬱な状態となり、その状態が一定期間経っても自然回復しないことを指します。脳のエネルギーが欠乏することが原因とされ、食欲や睡眠欲、仕事や趣味などへの意欲も失われていくことが主な症状となります。脳のエネルギーの消費は、周りの環境の変化や体調不良、ストレスなどで日常的にもすり減っていきます。通常は休息することで自然と体調と共に精神面も回復していきます。
しかし、脳のエネルギーが大幅に欠乏していると、体調が回復しても精神面が自然に回復せず、やる気が徐々に失われていく場合があります。そういった心理的な状態が長く続き、時間が経っても一向に回復することなく悪化していくことで日常生活に大きな支障が生じてきます。人との交流や接触さえも億劫になっていき、その精神の疲れは次第に体にも影響が出てきます。
症状の現れ方は人それぞれで、周囲が気づきにくい軽症から日常生活に支障が生じる程の重症、特定の季節に症状が繰り返す人など多く分類されています。女性には妊娠中や出産後のホルモンバランスの乱れからくるうつ病もあります。

本当にうつ病に効果がある?

脳や体には血液が巡ることでエネルギーが供給されていきます。血液を効率よく循環させることで脳のエネルギー供給が正常に行われ、脳の活性が促されます。血液の循環は酸素を多く取り込むことで促進されていくので、酸素濃度が上がれば、その分体全身へとその酸素を運ぼうとする作用が働き、脳内にも多く酸素が運ばれていきます。
脳には無数の脳細胞があり、これは体の中でもデリケートな部分に属し、体調不良やストレスで血液循環が滞ると一気に酸素不足に陥ります。この酸欠状態がうつ病リスクを高めるため、それを解決するためにも酸素カプセルはとても効果があります。
酸素を多く取り入れ、脳に届けることで脳細胞が活性化されると、スッキリした気持ちになり、ストレスが軽減されていきます。また、血液循環が正常に行われることで体調面の疲労も改善されていき、その面でのストレスも解消されていきます。

その他にうつ病の改善に役立つ方法

うつ病へのリスクは脳の酸素不足、栄養不足で起きやすくなるため、酸素カプセル以外にも役立つ方法は、栄養バランスの取れた食事と適度な運動、十分な睡眠となります。栄養を取り入れ、運動で血行を良くすることでもうつ改善への道となります。
食事のみで摂取できる栄養素も多くあり、運動や酸素カプセルで脳への循環を促進させることでストレス軽減に繋がるでしょう。病院の治療では抗うつ剤を処方する場合もありますが、薬には副作用があるので薬に頼る前に様々な方法を試してみましょう。

まとめ

うつ病はストレスや体調不調から起こる脳の酸素と栄養不足から引き起こされることがあるので、酸素を多く取り入れることのできる酸素カプセルはとても効果があります。酸素カプセルだけでなく栄養のある食事や運動、睡眠もしっかり行なうことでより効果が出てきますので、合わせて実践すると良いでしょう。睡眠や精神安定を促す栄養素の中には食事でしか摂取できないものもあるので、魚や肉などをしっかり食べて、酸素を取り入れることで脳のエネルギー不足を補っていきましょう。