酸素カプセルを取り入れたランニングトレーニングのメリットは?

酸素は体に必要不可欠なもので、効率良く運動を行なうには酸素量が重要となります。短距離のように酸素を使わなくてもできる無酸素運動ではエネルギー消費量も抑えることができますが、ランニングのように長距離で行なう有酸素運動では酸素でエネルギー源を作ることになります。長い距離を走れるようになるにはいかに酸素不足を回避するかが重要になってきます。そこで役立つのが酸素カプセルです。足りない酸素を補う以外にも様々なメリットがある酸素カプセルの詳細を見ていきましょう。

速くなるためには血中酸素濃度の管理が必要

有酸素運動である長距離ランニングで速く走るためには酸素が重要な役割を担います。大量の酸素を使用して走ると、脳や体が酸素不足になって疲労が溜まり、集中力の持続も困難になっていきます。
また、酸素が足りない状態でランニングを行なうと乳酸が発生しやすくなり、それにより筋肉疲労となることで運動量も低下していきます。長い距離を速く走るためには酸素を十分に取り込むことと同時に血中酸素濃度の管理が必要になってきます。酸素カプセルでは酸素を補うことが可能となりますが、どのタイミングで酸素を多く取り込んでおくかがランニングでは重要となってきます。

酸素カプセルを取り入れたランニングのメリット

ランニングに酸素カプセルを取り入れると、長い距離を速く走れるだけでなく、疲労回復を促すこともできます。長く運動を行なえばその分疲労は溜まっていき、回復が上手く行えなければ持続的なトレーニングは難しくなっていきます。長距離ランニングを行なった後に酸素カプセルに入ると体の血行を良くすることができ、酸素が脳や体中に行き届くようになり、回復も早くなります。
体の疲労回復の他に怪我をした場合にも酸素カプセルは効果を発揮します。怪我の回復には疲労回復よりも多くのエネルギーが必要となり、効率良く回復するにはいつも以上に酸素を取り込み、体や脳にエネルギーを送ることが重要になります。また、酸素を多く取り込めれば集中力アップもでき、酸素カプセルを取り入れるメリットの一つとなります。

いつ酸素カプセルに入れば良い?

酸素カプセルをランニングに用いる際、より効果を発揮できるタイミングでカプセルに入ることが重要になります。大会やレース連戦など、長い距離を走ることを目的とする場合は当日の走る直前にカプセルに入ることが望ましいです。酸素不足にならないように十分な酸素を直前に取り込むことで疲労の原因となる乳酸の発生を抑えることが可能となります。
乳酸の発生を抑えることで疲労が溜まりにくくなり、長く速く走ることができるようになります。また、疲労や怪我の回復を目的とする場合は、走った後にカプセルを使用するようにしましょう。酸素を取り込むことで疲労回復を促進させ、翌日に疲れを持ち込むこともなくなります。

まとめ

ランニングを行なっている人にとってより速く走ることはとても重要になります。しかし、疲労が溜まっていては持続的なトレーニングも行なうことは難しくなります。酸素カプセルを取り入れることで通常では補えない酸素量を補い、効率良く疲労を回復することと、疲労を溜めない状態を保つことができます。怪我をした場合にも回復を促進させることができるので大いに役立ちます。有酸素運動に酸素カプセルを取り入れるのはメリット部分が多くあり、効率良く走りたい人は一度取り入れてみると良いでしょう。