酸素カプセルで若返るって本当?

ただカプセル内で横になっているだけで若返るのが期待できるのはなぜでしょうか。その理由について、酸素カプセルの仕組みから説明していきます。どのぐらいの頻度で入るのがベストなのかなど、適切な利用方法も知ってより高い効果も手に入れましょう。

また酸素カプセルには、アンチエイジング、美肌といった若返りや美容効果だけでなく現代人に有益な効果がたくさんあります。これを読めば、きっとすぐにでも酸素カプセルに入りたくなるはずです。

酸素カプセルで細胞を活性化させることができる

酸素カプセルは、カプセル内の気圧や酸素濃度を高めた状態にして、その中に入ることで通常よりも多くの酸素を取り込むというものです。高気圧な状態では、液体はより多くの酸素を取り込めます。そのためカプセル内では、血液中にたっぷりの酸素を取り込むことができて、それが体中に行き渡るといった仕組みになっています。そして体内の酸素濃度が高まると細胞も活性化され、アンチエイジングや美肌効果によって若返るのが期待できるというわけです。

そのため短時間で多くの酸素を取り入れることができる酸素カプセルは、効率良く健康や美容が手に入るということで健康志向の方や美意識の高い方から人気を誇っているのです。

どのくらいの頻度で入っていればよい?

若返り効果が期待できる酸素カプセル、気になるのはその利用方法です。効果が高いのであれば、毎日長時間入るべきなのでしょうか。
構造的には毎日入っても問題はないと言われていますが、入る時間や回数に比例して高い効果が得られるわけではありません。一般的に酸素カプセルの効果が継続するのは72時間程度だと言われます。だとすれば、3日に1回ほどのペースで利用するのが良いと考えられるでしょう。

また、カプセル内に入る時間は40分程度がベストだと言われます。気圧を高めた状態では、45分で酸素が飽和状態になり、それ以降は消費酸素分が補給されるだけの状態になるので長時間入り続けても意味がないということです。

その他の酸素カプセルの効果

アンチエイジングや美肌などの若返り効果以外にも、ダイエットといった美容効果も期待できます。細胞の活性化によって新陳代謝が高まるため、それが脂肪燃焼を促進するのです。もちろん酸素カプセルの効果は、美容効果だけではありません。細胞が活性化されるため、ケガの治癒力や疲労回復効果などにもつながります。また、酸素不足は脳の働きや集中力低下を引き起こすとされているので、カプセルに入って体内の隅々に酸素を送り込むことでそれらが改善されるとも言われます。

さらに脳に十分な酸素送ることが出来れば、自律神経を整えたりリラックス状態になったりもします。それが睡眠の質の向上、そして疲労回復にもつながり、様々な面で相乗効果が期待できるのです。酸素が体内に行き渡るとアルコールの分解を助けてくれるので、お酒をよく飲む方や二日酔いになりやすい方にもおすすめです。

まとめ

酸素カプセル内の高い気圧や酸素濃度によって、入るだけで体の細胞を活性化させることができます。体中に十分な酸素が行き渡り、細胞が活性化することで若返るというのです。週に2〜3回の頻度での利用が効果的だとされていますので、サロン等へ通うのではなく思い切って自宅に酸素カプセルを設置したという方も増えています。家庭用カプセルであれば比較的安価であったり、レンタルやリースを行う会社が増えていたりといった背景からも、美容機器としてこれからもっと身近なものとなっていくのではないでしょうか。