酸素カプセルでケガの治療促進ができる理由

酸素カプセルでケガの治療を促進できるという話を聞いたことはありますか?プロスポーツ選手も活用したことで回復スピードを上げたという話も有名です。ここのサイトでは、スポーツでケガが起こる理由や、治療に役立つ知識をご紹介します。

スポーツでケガが起こる理由

スポーツでケガが起こる理由は主に3つあると言われています。1つは、外部から大きな力が加えられることによって身体がそれに耐えられなくなった際に起きるものです。2つめは、オーバーユース症候群とも言われる、繰り返し身体に負担がかかることによって起きるものです。具体的には疲労骨折や腰痛などがよく挙げられる例です。3つめは子供がメインとなりますが、成長期特有のものです。若いうちは骨が成長途中であるため、スポーツによって身体に負荷がかかることにより膝の痛みや腫れ、発熱などの症状が出てきます。スポーツを行う以上、どんなに気をつけていても体を傷めてしまう可能性はゼロではありません。事前の予防策をとることや無理をしないことが大切です。万一起きてしまった場合には応急処置を行い、適切な治療をしましょう。

酸素カプセルがケガに良い理由

ケガと言っても打撲や外傷など種類は様々ですが、ほとんどの場合は身体の組織における毛細血管が損傷し、患部に十分な酸素が行き届かない現象が起きます。その回復には酸素が必要不可欠なのですが、このように酸素不足になってしまうと細胞の再生も遅れ、それに伴い治癒力も低下してしまします。そんな時に酸素カプセルを使用すると、体に適度な加圧を加えて高濃度の酸素を体内の隅々まで届けることができるため、患部の新陳代謝が高まり回復力を早める効果が期待できると言われています。特に関節のトラブルには加圧が重要であるため、より効果的です。骨折や脱臼などは特に治療に時間がかかるケースですが、この方法によって時間を大幅に短縮することができるため、心身の苦痛を軽減させることにもつながります。

酸素カプセル以外でケガを防止する対策

できる限りケガをしないよう、運動前、運動中、運動後と全てのタイミングで気をつけるべきポイントがあります。まずは運動前ですが、準備運動は基本中の基本です。ウォーミングアップではしっかりと体をほぐし、軽く走るなどして体を慣らしておくと良いでしょう。運動後のクールダウンも同じく重要で、柔軟体操やアイシングなどで熱を持った体のケアを習慣にするとケガ帽子につながります。また、急に体に負担をかけないよう、基礎体力を日頃から付けておくことも大切です。運動中においてはなるべく正しいフォームを意識し、やりすぎには注意が必要です。姿勢の崩れや重度の運動はそれだけ体に負荷がかかってしまします。そして運動後にはストレッチをすることをお忘れなく。少し運動をしすぎたかな、という場合や身体に違和感がある場合には、テーピングやサポーターを使用することも予防の助けになります。

まとめ

痛みを伴い身体に不自由が生じるケガは、誰もが避けたいものですよね。しかしどんなに気をつけていても、軽症のものから重症のものまでを含めるとスポーツには付き物とも言えます。万一ケガをしてしまった場合には、そのまま運動を継続するのではなく、応急処置や、その後の適切な治療方法を施すことが大切です。酸素カプセルを活用することで高速に損傷した箇所の再生に必要な酸素を行き届かせることができるため、それだけ治癒スピードを高めることができます。患部だけでなく、全身の細胞にも効果を発揮させられるので身体自体を強くして回復とともに予防策としても活用することも可能です。