酸素カプセルでダイエットに効果的な使用頻度や方法は?

酸素カプセルはダイエットに効果があるという記事を目にすることがあります。痩身という意味においても、サイズを維持するという意味においても、この違いによって取り入れ方も考えたいところではないでしょうか。また、もし効果があるとしても、頻度によってどんな違いがあるのか、カプセルを検討されている方には大変興味深いお話ではないでしょうか。酸素カプセルとダイエットについてご紹介します。

酸素カプセルがダイエットにも聞くって本当?

最初にご説明させていただきますが、酸素カプセルに入っただけでは体重減少やサイズダウンはできません。しかし、痩せやすい体質に導くという際には大変効果を発揮します。それは痩せる際のエネルギーによって生じた酸欠状態を改善する力があるからです。痩せるためには酸素と新陳代謝が大変影響しています。
例えば、比較的標準体型の方が「もっと痩せたい」と行う場合と、肥満体型の方が健康のため痩せる場合など、ダイエットにも様々な種類があります。本来、人間の身体は摂取と消費のバランスが整っています。肥満体型になるのは、このバランスが崩れてしまった場合が多いのです。バランスはストレスや暴飲暴食、また新陳代謝の低下などによって起こります。
ですから肥満体型の方は、代謝を上げバランスの良い環境に置くことで痩せやすくなります。一方標準体型の方が更にシェイプしようとすると、筋力をアップや摂取カロリーを減らすなど、身体への負担が大きくなる頻度が増えてしまいます。しかし、このどちらにも必要になるのが酸素です。酸素を供給すると新陳代謝が向上し、痩せやすい体質に導きやすくなります。
またハードな筋トレによって酸欠状態になった身体には酸素が必須になります。つまりこのどちらにも必要なのが酸素カプセルということなのです。酸素カプセルは直接的にダイエットに効果を発するというよりも、痩せやすい環境を整えるのに効果的であるという訳です。

ダイエットに最適な酸素カプセルの使用頻度

酸素カプセルをダイエットに組み合わせる際、どの位の使用頻度が望ましいでしょう。まず痩せるためには老廃物を流し、血液循環を良くして新陳代謝を上げることが望ましい環境です。とすると、酸素をたくさんとりこめる酸素カプセルに毎日入れば、血液循環が促されて痩せやすい体質になる可能性は高くなります。オススメは、1日1回数分でも筋トレなどの運動後に入るというのが良いです。しかし、この頻度に関しては体質によって違いはあります。毎日入っても、なかなか効果が出づらいという方や、1回の使用ですぐに効果を感じる方がいます。また、自宅にカプセルがあるという方なら毎日の使用は可能であっても、そうではない方の場合は難しいこともあるでしょう。こうしたことを踏まえると、最も効果的なのは筋トレなどの筋肉疲労を起こすトレーニングの後であり、カプセルに入れない場合などには、有酸素運動を組み合わせて、身体の中が酸欠状態にならないようセルフメンテナンスするというのがオススメの方法です。

その他のダイエットに有効な有酸素運動

例えば酸素カプセルに入れる環境が近くに無いという場合、どうしても使用頻度が一定になれません。そうすると、ダイエットを決意した気持ちさえも頓挫してしまうなんてことも起こしてしまいかねません。そのため酸素カプセルと有酸素運動を組み合わせたダイエットを考案するのがオススメです。
例えば、カプセルを利用するのは、週に1回程度なら、その間はご自宅でもできる有酸素運動を毎日行ってみるというのはいかがでしょう。運動が苦手であるという方なら、ヨガやピラティスなどがオススメです。どちらも激しい運動を伴わず、呼吸が上がる心配はありません。
そのうえインナーマッスルを鍛えることもできますので、有酸素運動を行いながら筋トレにも結び付けることができます。また爽快感を感じたいのなら、ランニングやサイクリングなどもオススメです。この場合には、有酸素運動として行うのですから、無理をせず行いましょう。

まとめ

酸素カプセル自体で痩せるということは難しいです。しかしダイエットの際にカプセルを使用すれば、老廃物の除去や酸欠状態の軽減など、ダイエットしやすい環境を整えることができます。常に使用できる環境にないという場合でも、有酸素運動を組み合わせれば効果的に痩せることも可能です。