酸素カプセルを設置する前に注意すべきこと

男女問わず人気の酸素カプセル。美容、疲労回復、リラックス効果などあらゆる面で健康をサポートしてくれるということで、芸能人やアスリートの方々がご自宅でも利用されている様子をテレビでご覧になったこともあるかと思います。現在では業務用、家庭用ともに多くのタイプの販売があり、どんなものを購入すべきなのか迷ってしまいますよね。ここでは購入を検討されているかた向けに、費用や耐用年数など、マシン選びの注意点についてまとめました。

酸素カプセルは値段だけで決めない

業務用で数百万円と、なかなか高価な酸素カプセルですのでついつい一番安いものを買おうと考えてしまいがちですよね。全ての安価な商品が悪いとは言いませんが、やはり値段だけで決めてしまうのは少し考えものです。特に業務用として使用する場合はランニングコストの面にも注目する必要があります。

機器自体は安かったが電気代が高額になった、よく不具合が起こるのでメンテナンス代がかかるなど、導入後の出費についても考えておかなければなりません。

家庭用であれば、簡単に設置可能なのか、操作は容易なのかなどといった使用する上での利便性なども考えておかなければなりません。一人でも操作が簡単にできるような商品を選びましょう。

酸素カプセルの耐用年数を調べる

酸素カプセルの耐用年数は各メーカー、各機種、型番などによって異なります。新品で購入する場合にはメーカーやセールスマンの方からチェックすることが容易ですが、中古の購入の際は要注意です。もちろん中古を販売する業者はきちんと経過年数の確認や、整備をしてからの販売、メンテナンスサービスも充実していますので、相談のうえ購入することには問題ありません。

ただし、信頼のおける業者でない場合や、個人からの購入となると特に注意が必要となってきます。酸素カプセル自体の耐用年数は基本的に長いようですので中古購入でも問題ありませんが、機械の状態や残りどのくらい使用できるのかなどはしっかり確認しておくと良いでしょう。

酸素カプセルを選ぶ基準は?

多種多様な酸素カプセルの中から最適なものを選ぶのはなかなか大変かと思います。そこで選ぶ際の基準となるポイントを調査してみました。酸素カプセルにはハードとソフトの二つのタイプがあります。日に何度も稼働させる業務用として使用する場合はハードタイプを選ぶべきと言えるでしょう。ただしハードタイプは分解しての搬入が難しいので、購入前にサイズを測り搬入可否の確認をしておきましょう。

ソフトタイプは移動や設置が楽な点から家庭用でも多く使用されています。また、気圧の数値も選ぶ基準となります。最新機種では1.5気圧まで使用できるものもありますが、業務用であれば基準の1.3気圧をカバーしているものを選ぶと良いでしょう。

まとめ

酸素カプセルはメーカーや販売されている種類が多く、また最新機種も発売され続けているので購入前の機種比較はとても重要だと感じました。やはり高価なこともあり、特に業務用で購入される際にはランニングコストも考えなければなりません。予算と照らし合わせながら業者の方としっかりと相談して決める必要がありそうです。家庭用の場合はソフトタイプを選択する方が多いと思いますので、アフターサポートの面などに注目して機種を選ぶと良いでしょう。