酸素カプセルの導入方法とそれぞれの費用

業務用、家庭用で酸素カプセルの導入を検討の方に向けて、新規購入とレンタルまたは中古購入の費用について調査しました。多種多様なマシンの中でも業務用であれば費用対効果、家庭用であれば低コストや使いやすさを重視するなど注目すべきところも変わってきます。酸素カプセルはどれも高価ですので、調査した上で用途にあった納得のものを手に入れたいですよね。それぞれの導入方法のメリット、デメリットと共に比較していきましょう。

酸素カプセルをレンタルする場合と費用

高価な機械を導入するにあたってまず最初に思い浮かぶのがレンタルではないでしょうか?レンタルのメリットはやはり初期費用を抑えられるという点です。導入を検討しているので試験的に利用してみたい、イベントの企画などで短期間だけ利用したいといった方や、家庭での利用で初期費用をかけたくないという方には最適ではないでしょうか。費用は業者や機械にもよりますが、月々3万円台から6万円台といったところです。

また、リースを行っている業者もあり、こちらもサポートが充実しています。中にはポスターなどの販促品も用意している業者もありますので、サロンでの導入を考えている方にはこれも一つのメリットではないでしょうか?

酸素カプセルを購入する場合と費用

長期継続的に利用したいという方にはやはり購入がベターと言えるでしょう。家庭用であれば20万円台からと、高額ではありますが手が届かない値段とも言えません。

サロンでの1回の利用料が2千円前後とすると週に2、3回の利用を1年続ける場合の価格に匹敵しますので、1年以上利用されたい方には購入が最適ではないでしょうか。また、業務用の場合、そのランニングコストも重要になってきます。家庭用と違い日に何度も稼働させますので耐久性や定期的なメンテナンスも必要です。

また業務用の酸素カプセルの価格は200万円台~300万円台と高額になってきますので、やはりよく比較検討して購入しなければなりません。ただし業務用に関しては販促等で業者からのサポートがある場合もありますので、こちらも合わせて検討したいところですね。

中古の酸素カプセルを購入する場合と費用

酸素カプセルは購入したいけれど費用は抑えたいという方はやはり中古購入を検討されることと思います。耐久性のある機械ですので、例えば他のサロンが最新機種への買い替え等で手放したものであっても、まだまだ十分に利用が可能です。また信頼のおける中古販売業者はきちんと整備をしてから売りに出していたり、メンテナンスなどのサポートも行っています。唯一ネックと言えるのは、中古市場では欲しい機種が必ずしも良いタイミングで手に入るとは限らないと言ったところでしょうか。

それでもやはり酸素カプセルの導入は集客も見込めますので、今後安定的に利用が可能なようであれば最新機種を購入する機会もあるのではないでしょうか。

まとめ

家庭用、業務用いずれにせよ選択肢は多くあることがわかりました。また、高額であるとはいえ導入した際のメリットが高いという点ではどの方法を選択しても満足のいく結果になりそうだなと予想しました。しっかりとした業者を選ぶことで、定期的なサポートも受けることができるので、あとは予算と相談しながらの検討になっていくのではないでしょうか。市場は大きいようなので、ぜひ納得のいく1台、サービスを探してみてください。